忍者ブログ
闇黒天使の脳内管理場所。
[4] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


世界には様々な宗教が存在する。

ガーランド大陸での主流は、平和の女神アルテナを信仰するもの。
平和の女神アルテナには、慈愛の天使タオリネルがいて、彼を単体で信仰する者も少なくはないが、大抵は女神アルテナの使者として、タオリネルを信仰する。

また、少数ではあるが、悪魔教というものもある。
これは氷の大陸ノーランドに住んでいる魔族の中にひっそりと伝わる宗教。
主に、蝙蝠羽のような物を生やしている、悪魔族が信仰しているもの。

これに関しては、悪魔族の一族の血筋で優秀なものを崇めるという信仰であり、その信仰心の対象者は時代と共に移り変わっていく。
有名なのは、かつて魔王の側近であった、ヴィトニル。
ちなみに、古代魔女の三人は、ヴィトニルを崇拝するかのように愛していたため、悪魔教に自然に加入していた。

新大陸とされている、ユレンシア大陸では、アルテナ信仰も浸透しているが、こちらは、戦いの女神アルカヤを信仰している国々が多い。
特に、アルカヤ教王国は、いい例である。

女神アルカヤは、元々、ひっそりと信仰されていたものだったが、人魔世紀489年頃にユレンシア大陸で起こった、三つの国々の戦争(薔薇戦争と呼ばれる戦争)で、活躍した少女イオの姿が、戦いの女神アルカヤの像のようだったために、急激に広まった。

アルカヤ像も、肩の上で切りそろえた髪に、左側の横上だけ長くし、編み込むという髪型をしていた。
少女イオもその髪型だったという。
少女イオは、女神アルカヤが地上に降ろした勝利の天使として、一躍時の人となった。
薔薇戦争を起こした三つの国々が、今は、アルカヤ教王国としてまとめられている。

他にも、ユレンシア大陸では、ネスカーラ人が信仰する、太陽の神であり、彼らにとって唯一神ポポなどが存在する。
また、砂漠の王国グルフォリニアでは、苦難と成功の神グリポス。
和国では、八百万の神々など。

国々で、様々な色をみせている。

拍手[1回]

PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
如月燎椰
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索